ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
訪問診療
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
あなたへのメッセージ
癒やしの空間
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

透明な息を作る
>> ブレスエステ

バイオの力で口臭ケア
>> Aktiv-K12

虫歯リスクをチェック
>> カリエステスト

虫歯を削らずに治す
>> 3Mix治療法

虫歯菌を除菌する
>> 3DS

口の中から全身を診る
>> 歯科人間ドック

失った歯を取り戻す
>> 歯の移植

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


患者様の声


Q&A


サイトマップ


治療実績


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

虫歯と虫歯予防のすべて12

CARIES PREVENTION

虫歯リスクについての考察

リスク4.ストレス

過剰なストレスは、唾液の分泌や性状に悪い影響を与えます。虫歯の発生を抑制する機能が鈍ってしまい、結果として虫歯ができやすくなるのです。また、ストレスは食いしばりや歯ぎしりを引き起こす原因ともなり、やはり虫歯のリスクを高めてしまいます。

リスク5.砂糖

虫歯菌の栄養源であり、プラークの主成分でもある砂糖は、できるだけ歯の表面から取り除く必要があります。砂糖分の多い飲食物だけでなく、ネバネバしていて歯に付きやすい食べ物もまた危険で、その中に砂糖を取り込んで虫歯を作りやすい状態にしてしまいます。

リスク6.飲食回数

飲んだり食べたりした後は口の中が酸性になり、その酸で歯の表面が溶け始めます。ここで唾液が緩衝能を発揮して、口腔内を中性に戻すと虫歯は防げますが、ダラダラとした飲食行動を続けると中性に戻る間もなく口の中が酸性化してしまい、虫歯が発生することになります。

   >> 唾液が緩衝能の詳細についてはこちらをクリック

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< 虫歯と虫歯予防のすべて11へ戻る 虫歯と虫歯予防のすべて13へ進む >>

<< 予防歯科へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯) 訪問診療
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介 あなたへのメッセージ
癒しの空間 自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
診療予約・カウンセリング予約
>>メール予約
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34
 サンワビル2Fロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ
診療日  月、火、水、木、金、土曜日
診療時間 8:45~12:30 14:00~18:00
土曜日 8:45~12:30 14:00~17:00
 最終受付 午前診 12:00          ,
午後診 17:30 (土曜 16:30)
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com

URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.