ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

ひぐち歯科クリニック トップページ > お知らせetc > Q&A > 当クリニックへのメールでの質問と回答

Q&A当クリニックへのメールでの質問と回答20

5歳の息子の虫歯

5歳の息子の虫歯のある歯茎が膿んではれあがってしまいました。近くの歯医者で膿のところを針で突いてとりあえず膿を出したのですが、「子供の歯はもろいので治療も難しいから、抜くしかない。」と言われました。やはり穴が大きかったりすると抜くしかないのでしょうか?奥歯は生え換わるまでまだまだ数年必要な歯ですが。

歯は外側の一層が硬い殻に覆われているような構造で、その内側は比較的軟らかい組織です。子供の歯は大人の歯に比べ内側部分がさらに弱いため、細菌感染が進むと内側のこの部分から一気に虫歯が拡がることがあります。薄い殻一枚以外の全体が虫歯になってしまうと、その歯を抜歯することになります。

子供の歯の治療で一番肝心なことは、その後に生えてくる大人の歯を守ることです。5歳児でも、乳歯の下にすでに永久歯が顎骨の中で発育しているため、虫歯が進行して根の先まで感染が拡がると、その下で発育中の大人の歯にも悪影響を及ぼします。生え変わった大人の歯にも問題が起こるのです。従って、根の先まで感染が進んでいる場合には、大人の歯が正しく生えてくることを優先し、あえて抜歯を選択するケースもあります。

抜歯を回避できる条件は、感染していない正常部分が十分に残っていることと、大人の歯に悪影響を与えないことです。

歯茎が腫れあがったという状況から、既に根の先まで感染が進んでいる可能性もあります。早期に治療されることをお勧めします。


<< Q&Aへ戻る

<< お知らせetcへ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
診療予約・カウンセリング予約
>>メール予約
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ
 サンワビル2F
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30  
13:30~17:00  
 最終受付 午前診 12:00
午後診 16:30
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com

URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.