ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

ひぐち歯科クリニック トップページ > お知らせetc > Q&A >Q&A口腔顔面痛

Q&A口腔顔面痛

慢性的な頭痛に悩まされ、以前から毎日鎮痛剤を飲んでいます。今では顔面とアゴまで痛むようになり、顎関節症と診断されてスプリント療法を行っていますが、頭痛も顔面・アゴの痛みも全然よくなりません。

「薬物乱用頭痛」の疑いがあります。薬物乱用頭痛は「もともと頭痛持ちであった人が頭痛薬を乱用したために生じる頭痛」で、よく見られる慢性頭痛といえます。痛みの程度は中等度~強度で、毎日起床と同時に頭痛が起こることが特徴です。

頭痛が起こると、同時に歯とアゴがドキンドキンと脈打つように痛くなります。

「片頭痛」の疑いがあります。片頭痛は脳硬膜の血管が一時的に炎症を起こして腫れるために起こる頭痛で、ズキズキと脈打つような強い痛みが特徴です。また、歯痛や顔面痛を伴うケースも多く見られます。

こめかみの辺りがぎゅっときつく締め付けられるように痛むのですが。

「緊張型頭痛」(筋緊張性頭痛)の疑いがあります。緊張型頭痛は頭頚部の筋肉が強く緊張することによって生じるもので、最も多く見られる頭痛です。両方のこめかみや後頭部などがじわじわと締め付けられるように痛むのが特徴で、顎関節症などを伴う場合もあります。

食事をしているとアゴがだるくなったり痛くなってきたりして、食べられなくなってしまいます。口も開けにくくなってきて、少し熱が出たり全身がだるくなることもあり、こめかみや頭皮に触れるだけでも痛みます。

「側頭動脈炎」の疑いがあります。側頭動脈炎は自己免疫疾患の一種で、動脈の炎症によって生じた肉芽が動脈を閉塞することによって、十分な血液が咀嚼筋に送られなくなり、アゴを動かすと痛みが起こる病気です。食事をするとアゴが痛むことから歯科を受診するケースが多く、顎関節症と間違えやすい病気ですが、時間を無駄に費やすと失明や腎不全などの重大な結果を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。また高齢者に多発する傾向があり、60歳以上であるか否かがひとつの目安となります。


↑このページのトップへ戻る

<< Q&Aへ戻る

<< お知らせetcへ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
診療予約・カウンセリング予約
>>メール予約
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ
 サンワビル2F
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30  
13:30~17:00  
 最終受付 午前診 12:00
午後診 16:30
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com

URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.