ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

ひぐち歯科クリニック トップページ > 歯周病 > 歯周病治療とは? > 歯周外科手術の手術術式

歯周外科手術の手術術式

FOP

歯周病に罹患した歯周組織

歯周外科手術

中程度以上に進行した歯周病に対する、一般的な外科治療法です。まず麻酔を行って歯肉を切開します。次に歯周ポケットの深部にたまった歯石などを取り除き、ポケットが浅くなるように歯肉を位置付けて縫い合わせます。また、歯槽骨が不規則に溶けてなくなり、その形態がデコボコになっている場合には、骨を削って形態修正を行います。術後は歯周病菌の巣がなくなり、歯周ポケットが浅くなるためケアしやすく、将来的に歯が長持ちするようになります。

歯周病が進行した歯周組織
深い歯周ポケットができている

歯肉の切開と切除



矢印
歯周ポケット内の清掃



矢印

炎症を起こして腫れた
歯肉を切除する

歯周ポケット内の肉芽や
歯根面の歯石を除去する





矢印
歯肉の縫合とパック



矢印
術後の状態

歯肉を縫合し歯周パックで
傷口をおおって保護する

治癒後の歯周組織
歯周ポケットがなくなっている

MENU


↑このページのトップへ戻る

歯周病治療へ戻る

歯周病治療とは?へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30 13:30~17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail
higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.