ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

ひぐち歯科クリニック トップページ > 定期健診 > メンテナンス2

メンテナンス2

MAINTENANCE

メンテナンスの効果について

では、Nystromという歯科衛生士が30年間にわたって調べたアクセルソンのデータを見てみましょう。この実験の開始年度は1971年~1972年、被験者は550人以上で、最初の2年間は2ヶ月に1回、その後は各個人の状況に応じて3~12ヶ月に1回、メンテナンスを行っています。内容は患者様への歯磨き指導、フッ素配合の歯磨き剤やペーストを用いたPMTCです。その結果は、メンテナンスが歯を長持ちさせるのにとても有効だということでした。

では、次に実際の数値を見てみましょう。

定期的にメンテナンスを行った人が30年間の間に失った歯の平均本数

  • 20~35歳  0.4本 (1年当たり、0.01本)
  • 36~50歳  0.7本 (1年当たり、0.02本)
  • 51~65歳  1.8本 (1年当たり、0.06本)

※年齢は、1971~1972年のメンテナンス開始時のものです。

51~65歳で、20本以上自分の歯が残っている人の割合

  • 95%以上

※20~35歳からメンテナンスを30年間続けた場合、95%以上の人が20本以上自分の歯を残すことに成功しました。

30年間の間に新たに発生した虫歯の平均本数

  • 1.2~2.1本 (1年当たり、0.04~0.07本)
  • (ただし、その内の約80%が以前虫歯治療を行った部位の2次的な虫歯)
    ※メンテナンスを続ければ、新たな虫歯の発生もほとんどないということです。

ちなみに、平成17年に厚生労働省が発表した最新のデータでは次のようになっています。

年齢別の失った歯の平均本数

  • 50~54歳  3.7本
  • 55~59歳  5.0本
  • 60~64歳  7.1本

永久歯の虫歯の平均本数

  • 12歳 : 1.7本
  • 13歳 : 2.6本
  • 14歳 : 3.3本

(1年当たり、0.7~0.9本虫歯が増加している)
※ただし、これは比較的虫歯ができやすい年齢においてのデータですから、その点は考慮する必要があります。

いかがでしょうか。現在のところ、日本で定期的なメンテナンスを受けている人は2%程度だといわれていることから、上記がメンテナンスを行わなかった場合のデータに近いといえます。実際にこうして数字で見比べてみると、メンテナンスがいかに重要かをご理解いただけるのではないでしょうか。ちなみに、日本で定期的にメンテナンスを行っている人は2%程度ですが、例えばアメリカでは年間所得400万円以上の人の約80%、また年間所得200万円以下の人でも約50%が歯のメンテナンスを受けているのです。さすがは合理主義のアメリカですね。

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< 定期検診へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30 13:30~17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail
higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.