ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

知覚過敏の治療法

HYPERSENSITIVITY

レジン充填

知覚過敏の治療法は原因をできるだけなくすことにより、刺激を伝えにくくすることです。軽症の場合は、毛先が柔らかめの歯ブラシによる正しいブラッシングが基本となり、研磨剤フリーの「知覚過敏防止歯磨き剤」を使用します。次に、やや重症の場合は歯根表面のコーテイングや専用薬剤の塗布、レーザーなどを用いて症状を緩和したり、セメントやレジンを埋めて刺激を遮断します。

右の症例(写真)を例にしましょう。歯肉が退縮して歯根面が露出した後、その表面が磨り減り、知覚過敏が生じた状態です。そこで、レジンを埋めて歯の形態を元通りに戻したところ、しみなくなりました。WSDのシェーマ

また、重症のケースに対しては、神経を取り除く従来法では症状を消すことができる一方、歯の変色や弱体化などのデメリットがあるため、慎重に判断する必要があります。

従って、症状を見逃さず軽症の段階で対処することが重要です。「しみる」という感覚は、歯が危険を伝えるサインです。従って、早期に受診して正しい診断を受け、適切な治療を行いましょう。また、自己流の歯磨きや歯磨き粉選びには危険が伴う場合もあり、要注意です。ぜひ歯科に足を運び、適切なアドバイスを受けておきましょう。

 

 

MENU


↑このページのトップへ戻る

歯周病治療へ戻る

知覚過敏へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30 13:30~17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail
higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.