ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

ひぐち歯科クリニック トップページ > 審美歯科 > オールセラミッククラウン治療手順 2

オールセラミッククラウン治療手順2

ALL CERAMIC CROWN

歯の破折に対する初期の対応

破折面から神経まで細菌感染を起こし、歯髄炎による痛みがありました。そこで、麻酔後、細菌感染した歯の神経を抜き、根管治療(歯内療法)を行ないました。

歯髄を除去する処置を抜髄といい、一般的には神経を取ることを指します。根管治療はリーマーやファイルと呼ばれる針状の細い器具を使用して、細菌感染した歯質や神経の徹底的な除去と消毒を行う治療法をいいます。最も重要な点は、根尖(根っこの先端)までの歯髄すべてを除去すること、そしてそのすべてを根管充填剤でしっかりと封鎖すること(根管充填)です。これらの処置を適切に行わないと、咬合時(噛んだとき)の違和感や歯根嚢胞が生じる原因となります。

治療後は、審美性と噛み合わせを兼ね備えた仮歯を作製し、装着します。

麻酔 根管充填 レントゲン撮影

1歯髄炎が生じていたため、
麻酔後に神経を抜いた

2根管充填しエックス線写真で
確認

仮歯

3仮歯を作成し装着

 

MENU

きれいな歯になりたい!

院長著書
 『きれいな歯になりたい!』(共著)


↑このページのトップへ戻る

<< オールセラミッククラウン治療手順1へ戻る |オールセラミッククラウン治療手順3へ進む >>

<< 審美歯科へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30 13:30~17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail
higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.