ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

根分岐部病変の治療法1

ROOT FURCATION

歯周外科手術

根分岐部は狭くて複雑な局面形態をしています。そのため、歯石を取る道具である歯科用鋭匙(デンタル・キュレット)が入りにくく、歯石を除去したり根面を滑沢化したりすることがとても困難なのです。この困難な作業を直視できない状況において手探りで行うよりも、歯肉をめくって直に目で見えるようにして確認しながら行う方が成功しやすくなります。このように、歯肉をめくって分岐部を清掃する手術を「歯肉弁剥離掻爬術」といいます。

実際の手術の手順は以下の通りです。最初に局所麻酔の注射で近くを鈍らせて痛まないようにし、歯肉を切開してめくって「歯肉弁」を作製します。次いで、分岐部の肉芽組織を除去し、分岐部周辺の骨欠損の状態を確認します。分岐部根面に付着した歯石などの沈着物をデンタル・キュレットや超音波スケーラー、ルートプレーニング用バーで除去し、根面を滑沢化します。創部を洗浄した後に歯肉弁を戻して縫合し、歯周包帯(ペリオドンタル・パック)で創部を保護します。1~2週後にパックを除去し抜糸します。

   
  デンタル・キュレットが分岐部に届いている デンタル・キュレットが分岐部に届いていない  
  デンタル・キュレットを用いて、
根面に付着した歯石を除去する
 

歯肉縁下深くまで歯槽骨が吸収し
分岐部根面に歯石が付着している。
デンタル・キュレットが行き届かない

 
         
  歯肉と切開と切除  



歯周ポケット内の清掃


 
 

炎症を起こして腫れた
歯肉を切除する

   歯周ポケット内の肉芽や
歯根面の歯石を除去する
 




歯肉の縫合とパック




 術後の状態
歯肉を縫合し歯周パックで
傷口をおおって保護する
  治癒後の歯周組織
歯周ポケットがなくなっている

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< 歯周治療のページへ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34
 サンワビル2Fロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ
診療日  月、火、水、木、金、土曜日
診療時間 8:45~12:30 14:00~18:00
土曜日 8:45~12:30 14:00~17:00
 最終受付 午前診 12:00          ,
午後診 17:30 (土曜 16:30)
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.