ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc


口腔外科口腔内科メディカルインフォメーションロゴ



抜かないバナー

歯科治療恐怖症に対応する歯科医院ロゴ

舌の痛みバナー

更新記録

Q&A

サイトマップ

3DSアイコンQrayチーズ

院長 樋口均也 近影

当サイトは
リンクフリーです

早産・低体重児出産と歯周病

妊娠するとホルモンが大きく変化し、唾液の分泌量が低下します。つわりが起こり、食べ物に対する嗜好が変化すると歯周病が生じやすく、また進行しやすくなります。同時に、妊娠中はさまざまな理由から歯科受診がおろそかになりがちです。しかしながら、妊娠中に歯周病が生じると出産に悪影響が生じる恐れがあるのです。

歯周病に罹患した妊婦は、早産や低体重児出産のリスクが高まるとされています。妊娠37週~42週未満での出産が正規出産で、22週~37週未満が早産です。正常体重児は2,500g~4,000gで、2,500g未満で生まれると低体重児となります。

妊娠から出産に至る過程を通して、ホルモンバランスが次々に変化していきます。歯周病菌が血流に乗って胎盤に到達したり、歯周病により産生される炎症性物質が子宮に入ること、また歯周病に対する免疫反応が変化することにより、ホルモンバランスが崩れて妊娠に悪影響を与える可能性があると考えられています。

Teshome, Amare, and Asmare Yitayeh. "Relationship between periodontal disease and preterm low birth weight: systematic review." Pan African Medical Journal 24.1 (2016).

Manrique‐Corredor, E. J., Orozco‐Beltran, D., Lopez‐Pineda, A., Quesada, J. A., Gil‐Guillen, V. F., & Carratala‐Munuera, C. (2019). Maternal periodontitis and preterm birth: Systematic review and meta‐analysis. Community dentistry and oral epidemiology, 47(3), 243-251.

MENU


↑このページのトップへ戻る

歯周治療へ戻る

歯周病と関連する病気へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニックトップージ 口腔外科
審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療  
小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診
保険適用外の治療費  アクセス
  院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真
メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30 13:30~17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817
大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail
higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.