ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴ

考察7

7.嫌気性菌のバナ加水分解活性(バナテスト)

口臭の代表的な原因物質であるVSC29)は、硫黄を含有するシステインやメチオニンが生体内あるいは嫌気性細菌により分解されて生じる。歯周ポケット内のバイオフィルムにおいて、red complexといわれる3菌種、すなわちTarnerella forsythia、Porphyromonas gingivalis、Treponema denticolaが重度の歯周病に関連するといわれている。これらの菌種は合成トリプシン基質のN-benzoyl-DL-arginine-naphytylamide(BANA)を加水分解できる酵素を有している。歯周ポケット内や舌の嫌気性細菌のバナ加水分解活性とVSC値に正の相関がみられることが報告されており30)、本研究でもバナテストを用いて嫌気性菌の活動を調べた。

その結果、舌背部が歯肉溝内や口蓋扁桃部よりも高かった。また、3部位のいずれにおいても、口臭治療により減少傾向にあり、中でも舌背部では有意に低下した。このことより、口臭の主な発生部位は舌であり23)31)、口臭治療により舌を中心としてVSCの発生が減少し、口臭が改善されることが示唆された。

MENU

↑このページのトップへ戻る

<< 科学会論文へ戻る

<< 口臭外来へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
診療予約・カウンセリング予約
>>メール予約
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34ロゴ
 サンワビル2F
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30  
13:30~17:00  
 最終受付 午前診 12:00
午後診 16:30
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com

URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.