ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


患者様の声


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

正しい歯みがきのすべて5

TOOTH BRUSHING

年代別・歯みがきの注意点とは

歯みがきには、ライフステージに応じて注意していただきたい事項があります。またいずれの時期であっても、かかりつけの歯科医院で半年に一度は健診を受け、自分の口腔や歯の状態に合った上手なお手入れ方法を指導してもらいましょう。

乳幼児期

小さな子供はどうしても歯みがきが苦手なものですが、乳幼児期は虫歯が発生しやすい時期なので十分な注意が必要です。離乳食がはじまると乳歯が生えてきますが、子供の歯のサイズに合ったヘッドの小さい歯ブラシを使って、保護者が磨いてあげるようにしましょう。子供が嫌がるからとブラッシングを怠ると虫歯ができてしまい、今度は歯が痛いからという理由で食べ物を噛む動作をしなくなり、やがてアゴの成育に悪影響を与える可能性があります。また、そんなアゴに永久歯が生えるといわゆる「出っ歯」や「乱杭歯(八重歯)」になりやすく、歯並びや顔立ちのバランスを崩してしまう結果にもなりかねません。

学童期(生え変わり期)

学童期の子供の口腔は乳歯と永久歯が混在しているため、歯の高さが不揃いになりがちで磨きにくく、虫歯になりやすいのが特徴です。特に、第一大臼歯は生えはじめから終わりまで半年以上かかり、しかも前の歯より背が低いことから歯ブラシの毛先が届きにくく、虫歯になりやすい歯です。小学生になると自分でブラッシングをするものですが、虫歯予防の観点からは保護者の仕上げ磨きが必要といえます。

成人期

歯周病にかかりやすい時期であるため、できるだけ丁寧にブラッシングを行うことが大切です。

40代以降

歯周病などによって、歯を失う可能性が高くなります。また、歯茎がやせてくると歯根部(歯の付け根)の虫歯が多くなります。従って、歯と歯の隙間が空いているところやブリッジの部分は歯間ブラシ、歯と歯の間などにはデンタルフロス(糸ようじ)を使い、歯垢をしっかり取り除くことが大切です。

<正しい歯みがきのすべて>

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< 正しい歯みがきのすべて3へ戻る 

<< 予防歯科へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
診療予約・カウンセリング予約
>>メール予約
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ
 サンワビル2F
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45~12:30  
13:30~17:00  
 最終受付 午前診 12:00
午後診 16:30
Tel 072-646-84455
E-mail higuchi@web-know.com

URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.