ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
訪問診療
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
あなたへのメッセージ
癒やしの空間
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

透明な息を作る
>> ブレスエステ

バイオの力で口臭ケア
>> Aktiv-K12

虫歯リスクをチェック
>> カリエステスト

虫歯を削らずに治す
>> 3Mix治療法

虫歯菌を除菌する
>> 3DS

口の中から全身を診る
>> 歯科人間ドック

失った歯を取り戻す
>> 歯の移植

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


患者様の声


Q&A


サイトマップ


治療実績


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

デンタルフロス4

DENTAL FLOSS

デンタルフロスを指に巻いて使う方法フロスの持ち方2

はじめに最もポピュラーな使用方法、フロスを歯と歯の間に通す使い方を紹介します。

  1. フロスを約40cm(指先からひじまで)に切る
  2. フロスの片側を左手の中指に2回巻きつける
  3. 右手の中指にも何回か巻きつける
  4. 両手の親指と人差し指でつまんでピンと張ったとき、幅が2~3センチになるように調整する
  5. 空いている親指と人差し指を使い、ノコギリを引くように動かして汚フロスの持ち方れを取る
  6. 最後に口を軽くすすぐ

注意!

  • フロスは、歯と歯の間にゆっくりとスライドさせながら入れましょう。このとき勢いよく入れると、歯茎を傷つけてしまうので注意しましょう。
  • フロスが歯と歯が接触する「コンタクトポイント」を通過するときは、少しきつく感じるものですが、その際もゆっくりスライドさせて挿入します。
  • 下顎前歯のフロッシング部位により、指の使い方が変わります。特に歯と歯の境目より少し下、歯茎に隠れている部分は、最もプラークがたまりやすいところです。フロスをVの字になるように入れ、ゆっくり前後に動かして汚れを取りましょう。
  • フロスは、タオルで背中を洗うような感じで動かすと楽なようです。自分のやりやすい方法を見つけましょう。
  • 一度こすった部分のフロスは歯垢が付いて汚れているため、左指を1回巻いて右手をひと巻き戻し、使う場所をずらしていきます。こうすると、フロスをいつも衛生的に使うことができます。
<デンタルフロス>

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< デンタルフロス3へ戻る | デンタルフロス5へ進む >> 

<< 予防歯科へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯) 訪問診療
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介